スタッフ雑記

「その犬の名を誰も知らない」

投稿日:

金曜日です。

小学館プロダクション 北村泰一・監修 嘉悦洋・著「その犬の名を誰も知らない」って本が出てまして、これがすこぶる興味深くて今回はご紹介します。

タロジロといえば南極物語でお馴染みですが、その昭和基地近くで一頭の犬の遺体が発見されます。しかし南極越冬隊に犬係として参加した隊員にそれが知らされたのは発見から14年後…誰にも知られることなく歴史に埋もれたこの犬はタロジロと昭和基地で生き延びていた第三の犬なのではないか?果たしてこの犬の正体は?というお話なんですが、

犬を飼ったりしたことのある方なら分かるかと思いますが、南極物語もそうですが、本当に涙なくしては読めない…というかパラッとめくった頁の数行がもう涙を誘う一冊です。

ただ涙を誘うだけではなく、この本には目を背けたくなる写真もあります。

ですが、それ以上に描写される犬たちの懸命に生きようとしている姿、写真に写る犬たちの生き生きとしている姿にとんでもなく力を貰えるんじゃないかなーとも思える一冊でもあると思います。

タロジロが超有名にはなりましたが、個人的にはタロジロ含めてこの本に綴られている犬みんなすげぇ犬だなぁって思います。本当、みんないい顔してるんですよー。

犬好きな皆様もそうでない皆様も南極物語知ってても知らなくても皆様どうぞ御手に。

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「常識」は変化していく

台風。まさかの「逆走」です。 今までの「常識」では考えられない というフレーズがテレビでも連呼されておりました。そらそうですよね、 まさか東から西に台風が、なんて思いもよりませんでした。 さて、そんな …

VR栗林書房を考えてみたらこんな感じになっちゃいました(個人的意見)

金曜日です。 お盆休みもほぼ終わり、また通常業務に戻って行きつつありますが、その結果栗林書房のブログが三日連続の更新となりそうです。連日投稿の三本目で素敵な話、どこか出かけた話と来てるので僕は結構どう …

こんな本もおいてます

おはようございます。 ゲリラ豪雨が続いていた東大阪。かと思いきや、梅雨明け宣言とともに 今朝もすでにセミが元気で真夏感が満載です。 話題書、売れる本というのはホントに有り難いもので、自分たちで頑張らな …

no image

今年一年お世話になりました(金曜日ブログ担当)

金曜日ではなく、年の瀬です。 バタバタと師走らしい時間が過ぎ、あっという間に「来年もよろしく」的な事を言う頃になり、そしてもうその先の本当に年の瀬となりましたが、あまり実感が湧かぬままです。 今年一年 …

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

祝日の金曜日です。 今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。 本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。