スタッフ雑記

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

投稿日:

祝日の金曜日です。

今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。

本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、これって元は文化的なインフラだなーって思ったんですよ。

要は本の流通の根本って日本全国の知的底上げ出来るシステムかなぁって。

しかし今現在、「出版業界は変わらなければ生き残れない」とも言われています。町の本屋がどんどん潰れていってるとも言われます。

そういうのを↑のを(本が知的底上げをし、本の流通と本屋がそれを日本全国に普及させた)踏まえて聴くと、ああ日本はもうある程度全体的に知的底上げしたのかなぁって思ったりします(結構前にそれは終わっていて今、表面化してきてるのかも知れませんが)。

何でこういうの思ったかというと、個人的に僕自身の本屋のイメージが「日本全国の知的底上げ」を担ってた感が強いからなんです。サブカルチャー的なものも含めて色んなものの基礎的教養を育んでくれたというか…。

もしもその役割がとりあえずにしろ充たされたなら本は次はどういう意味合いを担っているのかなぁそしてそれを売る本屋はどういう意味合いを担うのかなぁっていうのを考えたりそして考えなかったりしながら毎日本を棚出ししております。

ちなみにキンコン西野さんはざっくり書くと本はコミュニケーションで、本屋はスナックのようなものって書いてたと記憶しております(間違ってたらすみません、西野亮廣さんの著書「魔法のコンパス」「革命のファンファーレ」「新世界」在庫あります。「新世界」のサイン本もありますので是非是非どうぞー!)。

西野亮廣さんの本、在庫あります。「新世界」サイン本入荷しました。

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

金農ユニ

希望や可能性というもの

こんにちは!栗林(B)でーす。 昨日の高校野球決勝はご覧になられましたか? ライブで見ていなくても、各種メディアでガンガンに放送してますので ご存知ない方はいない!はず! 感動をありがとう!! ・・・ …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

ミツバチはレベル:2

日曜日。 W杯・・・。昨日のドイツのロスタイムの執念のゴール、とか書き出すとキリがないので、今日はやめときます。 私どもの小阪駅高架下の店舗は広さでいうと35坪ほどでしょうか、決して広くない、いや狭い …

no image

腰が痛すぎて、ステイホームな3日間。

私、風邪もひかない、故障も少ない、これが自分の最大のウリだとここまで やってきてましたが、だんだんと年齢が出てくるのか、単なる油断なのか・・・   腰が痛すぎて、3日間お休みをいただきました …

ちょっと変わった本のご紹介。

金曜日でございます。担当は(村)です。 今回はツイッターを読まれている方は一度ちらっと見たことあるかも知れないですが、僕がこの一年なんだかんだで見てる最近の関西のサブカルチャーというかその界隈の面白い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。