スタッフ雑記

本を読んで映画、映画を見て本。

投稿日:

少し前に、実写版「銀魂2」を、八尾のアリオまで見に行きました。
映画自体が久々で、実は1作目の「銀魂」以来。

映画、よく見に行かれる方には当たり前なのでしょうが、たまにしか行かない私にとっては、これから上映予定の予告の宣伝もひとつの楽しみでして。

有川浩さんの『旅猫リポート』、もう予告だけでこれは泣きそうな感じでした。

他、ダークヒーローの「ヴェノム」、エイリアンを彷彿とさせる気持ち悪さ。

ここからが本題で一番興味を持ったのが

「こんな夜更けにバナナかよ」

ちょっと分厚いですよ

タイトルからして、ちょっと気になっていたのですが、どんな内容なのかまでも確認しておらず、「映画化なんや」ぐらいの認識しかしてませんでした。

そこで劇場での予告。この大泉洋さんという時点で興味がそそられ、

ものすごい横柄に、「バナナ!」と周りの人に伝えているシーン。

「あ、こんな感じなんや」

と知り、映画にも興味が湧きましたが、俄然、本にも。

タイトルの間のところ、よく見たら小さい字でちゃんと

「筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」

と書いてました。

最近、耳にするようになった、難病指定になっている
全身の筋肉が徐々に衰えていく
「進行性筋ジストロフィー」
を小学校6年生で発症し、40歳(当時)の今、ベッドでボランティアの力を借りないとなにもできない状態の鹿野さんがこの話の中心人物。

「できないことはしょうがない、できる人にやってもらうしかない」

というプロローグ内のコメント。

きっと、あの映画の予告を見てないと、読もう、という気まで至らなかったように
思うので、いいタイミングでした。

映画で楽しみ、本でも読んでみよう、逆に本を読んで面白かったから、映画も見たい、
そんな相乗効果がもっと起こるようにしていきたいなあと思います。

今日、全部読めるかな、読み終わったらPOP店頭で立てます!
絶対これはいい、という自信がなんかありますね。

ではでは、、また。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

読書の風景

栗林です。 毎日、人気作家の小説や話題の本を追いかけ、ネットやテレビの紹介の情報を見て… それがもちろん仕事ではあるのですが、たまに食傷気味な時もございます。 そんな時に、思いもよらずこういうのを発見 …

no image

五月雨

こんにちは、栗林(B)です。 前回、村尾がブログで触れていた、書店員必須アイテムの青いカッターですが 書店員必須アイテム・通称安全カッター 私はずっと「安全カッター」と呼んでおります。 オープン(メー …

昨日がなければ明日もない

こんにちは、 ゴミ袋もなければ洗剤もない、 悲しい栗林(B)です (なんのことやら)   先週の商談会「BOOK EXPO」、 参加した面々は楽しそうに帰還してきました。 収穫があったようで …

no image

オリラジ藤森慎吾の本が出ましたYO!

日曜日です。 先日、徳間書店 オリエンタルラジオ藤森慎吾「PRIDELESS 受け入れるが正解」という本が出ました。     で、これ藤森慎吾の半生を踏まえながらそこから深堀したり …

なつきさん

小阪雑記

こんにちは、栗林(B)です。 当店には3台のレジがあり そのうち2台はタブレットレジといわれるモノを使っております。 その名の通り、タブレット(スマホよりはデカく、ノートパソコンよりは小さい)に レジ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。