スタッフ雑記

変換は便利だけれど

投稿日:

こんにちは、栗林(B)です。

残念ながら(?)乱丁本に当たったことはありません。

一番よくあるのは、「カバーと中身が違う本」でしょうか。

何度か、お客様に指摘されたり

自分で発見したことがあります。

 

新刊の訂正連絡も結構あるもんです。

本を取り寄せてみたら誤植訂正のペラが入っていることもしばしば。

現在は写植が用いられていることは少ないので

誤植というか、誤字、っていうんでしょうかね。

 

ところで、間違ってはいけないのは人のお名前。

パソコンは変換の候補を表示してくれてありがたいのですが

候補、多い・・・

男性の「ひろゆき」さん「たかひろ」さん、等々、

二文字の組み合わせは特に難関です。

 

また、名字の「わたなべ」さんもバリエーションが豊かなことで有名で

「辺」の文字は40種類前後ほどあるとのこと。

本家・分家で書き分けていた、という理由の他に

戸籍登録時の「書き間違い」もこれだけの種類を生んだ理由だそうです。

でもこれって、文字を厳密に辿っていけば、来歴や繋がりが見える可能性があり

とっても面白いことだと思います。画数の多い「べ」の方は書くのが大変ですが・・・

 

歴史研究の方法の一つとして、残っている地名を手掛かりに探っていく方法があります。

ものすごくざっくりした例をあげれば

「塚」のつく地名の付近は古墳の可能性あり、のようなことです。

現在、住所としては使われない地名も

古い地図に載っていることもありますし、

地図に載っていなくても、土地の人が使っている呼び名もあります。

 

たとえば、「御札町」という地名があり

おそらくは城下町の端の方のエリアで

このへんに高札が立てられていたのだろうと。

(時代劇で奉行所が立てる、あれ。)

そこより城から離れたエリアは「新町」なんですよね。

面白くないですか?

文献的な確証はないんですけど

町が広がっていくプロセスが反映されておそらくその地名になっている。

でも、今の住所には一切残っていない。

 

合理化されていくなかで、あっという間に失われているものも多いな

というのを「裕之」さんの漢字変換を探しながら考えていました。

便利なんだけど、なんだかなぁ。

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

モノレール文庫

日曜日。 気持ちのいい朝、というのはこういう朝の事をいうのだろうな、と思う栗林です。 先日、大阪北部へ向かうべく、ものすごい久々にモノレールに乗る機会がありました。 電車に乗ると、ついあたりを見まわし …

no image

「ひゃあ!」

金曜日に書けませんでしたので土曜日です。 さて、本日も色々と新刊本が入荷してまいりました。実はある雑誌が「水曜どうでしょう」特集を組んでたり、刀剣乱舞の本が次々出たりと他にも色々と「あ、これ書こうかな …

貰っても使い道に困る知識

金曜日に書くつもりが日曜日に延び、そこも落して月曜日です。 たまに変なことに気づく人っていますよね。 気付きといっても、例えば「社会の裏情報」とか昔はジャンル的にはサブカルに属していたのですが、今や暮 …

前回は前田愛のすれ違いを書いたのですが…

金曜日ですよっ。 本や本屋って不思議な事が起こるもので、今日も「これめっちゃへんなタイトルやなぁ」っていう本が確かにあって。でも今となってはタイトルもどんな表紙だったのかもうろ覚え…棚を探しても全く見 …

50回目のファーストキス

映像化コーナー移転しました(結構前に)。

前回書いた書店員になると配られるあれなんですが、オープンという名前は企業名だったようですー(ひとつ前のブログ参照)。道理で誰もオープンなんて呼ばないわけだ。スマートフォンの事をソニーって呼ぶようなもん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。