スタッフ雑記

回収となっている本がありますのでご報告。

投稿日:

金曜日です。

先日、イーストプレスから発売になった外山恒一さんの「全共闘以後」という本が文章に誤りがあって訂正するために回収となったのですが、

そうでなくても落丁乱丁などがたまに発見されたりします。ただ資格本とかでわざと途中から上下反対にしてたりするものがあって、これどっち?ってなることもあります(それはそういう仕様でした)。

細かいところだと誤字脱字とか、大きなものだと挿絵がないとかいろいろとトラブルあると思うんですが、僕自身、一度あったのが途中からページがループしてちょっと先から再開するっていうのがありました。

分かりやすく言うと100頁まで来たとこで次のページが90頁になってそっからまた100頁まであって、その次の頁が110頁になってるっていう。

で、これが面白かったのが、あるバンドのメンバーの伝記で不仲で解散するんですね、で、ループする直前のラストの行が「これから真実を話すことにしよう」なんです。

おお!と思って読み進めるとあれ?一回読んでるここ!ってなって、(綺麗に繋がっていると意外とすぐには気づかないもんなんですよ)ループが終わるとこどこ?って探してパッと開いたらこれ遜色なしに「これがこのバンドに起こった全てだ」って書いてあるっていう。

ええーーーーーっ!!!ですよ、本当に(笑)

で、やっぱり解散の理由とか知りたいので出版社に電話してーーーーみたいな感じでまぁ正常なというか普通に普通な本と交換してもらった訳なんですが、あれほど知りたかった解散の理由がそんなにあれでもなくてみたいな、ね。

何かちゃんとした本が手に入ったんだけど、あのループ本の面白さみたいなものの方が勝ってたなーって思う今日この頃です。

絶妙な不良だったので、あれはあれでいい本だったなー。

もちろん書店としては乱丁落丁本を売るなんてことはあってはいけないことなのでね。

日々、チェックしておりますが、もしも店頭の本などで発見した場合は最寄りの店員までご報告お願いいたします。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

祝日の金曜日です。 今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。 本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、 …

no image

改めて東野圭吾先生の凄さを実感する

明日から、もう3月です。 緊急事態宣言もいよいよ解除、当店もそれに合わせ、明日からは 通常の営業時間(平日朝9時~夜21時)に戻しますので、何卒よろしくお願いします。 さて、先月から始めました東大阪が …

「いま、オススメの本ってありますか?」と聞かれたら間違いなくこれを全力でオススメしたい。

日曜日の朝、ブログは栗林です。 店頭に立っていると、学生さんからお年寄りの方、様々なお客様がお見えになります。 そんな中、年々、お問い合わせで増えてきたフレーズが 「今、オススメってなんですか?なんで …

ネコマンガ

日曜日。あいにく雨が降りそう。栗林です。 最近、ほんとに猫の人気がすごい。散歩が不要、というのがいいのか。 私の実家にも、今は猫がいる。もとは野良?なのか捨てられたのか、まだ子猫で警戒心が薄いからか、 …

no image

変換は便利だけれど

こんにちは、栗林(B)です。 残念ながら(?)乱丁本に当たったことはありません。 一番よくあるのは、「カバーと中身が違う本」でしょうか。 何度か、お客様に指摘されたり 自分で発見したことがあります。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。