スタッフ雑記

ミツバチはレベル:2

投稿日:

日曜日。

W杯・・・。昨日のドイツのロスタイムの執念のゴール、とか書き出すとキリがないので、今日はやめときます。

私どもの小阪駅高架下の店舗は広さでいうと35坪ほどでしょうか、決して広くない、いや狭い、と思われる方も多いことかと思います。

当然ながら、出版される新刊すべてが店頭に並ぶなんて到底不可能ですので、発売したものの入荷していない本、入荷してきてないけど、なんか面白そう、興味を持たれるお客様がいるのでは、という本をあとから注文したりしております。

話題性のある本を注文するのは当然なのですが、そんな中にも、なんかひっかかる本を並べたくて色々探していて、先日、大学図書館さんの方の会話で

「あれ、めっちゃ気になりません??」と言われていた本がこれ。
(手配中のため、6月24日の産経新聞書評より)

右端の紹介
「蜂と蟻に刺されてみた」です

著者の、ジャスティン・O・シュミット氏は、あの「イグ・ノーベル賞」受賞経験者。さすがです。こんな、タイトル見ただけでイタイイタイ、と言いたくなりそうなこと、なかなかできませんよね。

痛みって、確かに数値化はできないですよね。個人で、めっさ痛い、という人もいれば「そんな大げさな」って人もいる。でもですよ、だからといって

 

世界中で82種類もの蜂や蟻にさされて、その痛みをレベル1~4で評価した。

凡人には到底、できません・・・。

その経験上、セイヨウミツバチに刺された痛みはレベル2らしいです。

じゃあ、レベル4って一体・・・。と思われた方のために一例を。

中南米に生息するサシハリアリ

<目がくらむほどの強烈な痛み。かかとに三寸釘がささったまま、燃え盛る炭の上をあるいているような・・・>

この巧みな表現が、読み手の想像力を掻き立てます。

どんな状況でこの人、刺されてるんやろか??とか。

「蜂と蟻に刺されてみた」

この著者の命がけの行動と、苦悶に満ちた表情が見えそうな文面を読んでみませんか?

こんなちょっとキワモノな本(すいません、著者は至って真剣に書かれてます。)

も、置いたりします。

栗林書房は、それぞれの担当が、面白そうな本を選ぶのに毎日、必死のパッチですので、河内小阪に立ち寄ることがあった際には、ぜひ売場を見てやってください。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

漱石の坊っちゃんが本当に坊っちゃんな件

金曜日です。 夏の集英社の文庫フェアの中の一冊、夏目漱石の「坊っちゃん」を読んでいるのですが、読んだことある人も多いのではないでしょうか? この集英社文庫のナツイチ限定ジャケにつられて購入したのです。 …

繁忙期お疲れ様&送別会、やりました。

ちょっとひと段落、今年は教科書を販売している夢をほとんど見ることもない(毎年、必ず出てくるのですが)ままに終えた栗林です。 今年も、無事(今のところ、トラブルの案件はないので)、学校関係の準備、納品か …

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

no image

歳をとると健康の話をしたくなる

こんにちは、栗林(B)です。 あと一週間ほどで誕生日、目出度く四十路の仲間入りです。 プレゼントは結構です、当店で本をもう一冊、 お買い上げ下さいますよう、お願いいたします(笑)   さて、 …

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

金曜日、ブログ担当の村尾です。 このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れず …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。