スタッフ雑記

お久しぶりですの近況です。

投稿日:2020年5月22日 更新日:

金曜日ですー。

めちゃめちゃ久方ぶりの投稿になるんですが、といってもこの投稿画面は毎週見ていて、毎週結構な分量を書いては消していったら今しがたに…みたいな感じです。以前の投稿が結構コロナウイルス全盛期な感じだったので…というか今年まだ五か月ですよ。

上半期も終わってないのにこの有様って凄くないですか?

「いやぁ今年の流行語は密だなー」って感じですが、この感じだと今年の後半とか密とか普通になって全くインパク知の無い感じになるんじゃないかと思ったりします。普段から段取り的に密を避けるように、通称ダンミツ的になると踏んでます(色々言いたいだけ)。

本屋ではコロナの渦中に発表された本屋大賞・凪良ゆう「流浪の月」をはじめ、カミュのペスト、五木寛之「大河の一滴」などなど、ご興味を持たれた皆様のお手に届いて行ってるようで安心しておりますし、まだまだどんどん興味深い本を仕入れていきたいと思っておりますよー。

まだまだ字数があるので本を紹介しようと思います。

講談社 ニックランド「暗黒の啓蒙書」です。

ニックランドの本と結構前に出た新反動主義の概要が分かる本

 

以前、星海社新書から木澤佐登志「ニックランドと新反動主義」という本が出たり、ユリイカでVaporwaveが特集されたりと認知されていっている新反動主義界隈ですが、この新反動主義の考え方で「ああーめっちゃアメリカっぽい!!!」って思ったのがあって、似たような言動は日本でも見られるものの根底では違うのかもなーって思ったりしたのですが、例えば新反動主義はフェミニズムであったりポリティカルコレクトネスをあまりよく思っていません、で、その理由が、

それは”フェミニズムであったりポリティカルコレクトネスであったりは我々の権利を侵害しているから”らしいのです。

この新反動主義であったりマルクスガブリエルの新実存主義、マークフィッシャーの資本主義リアリズムらへんは本当に”今”を捉えているなーと個人的に思いますし、何なら都市伝説の関が言うAIが人を選別するっていうのもがっつりここに入っていたりするので何か面白そう!って思った人は是非ぜひ色々と掘っていって見てくださいませー。

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

料理本は、色あせない。

「おにぎりがないんです」 本日はお休みをいただいた栗林です。 とはいえ、ちょっと書類の整理に会社に出てきて昼ぐらいまで 少し仕事をしておりました。 昼ぐらいで、ちょうど休憩交代、その際に休憩で上がって …

レジ袋が有料化、そして直木賞、芥川賞&大阪ほんま本大賞、発表です

6月末にて、キャッシュレス還元事業が終わりを告げ、 「ああ、手数料、もとに戻るなー」という経営者的に頭のイタイところで、 今度7月1日からは、 レジ袋の原則有料化 がスタートしました。これで我々が儲か …

繁忙期お疲れ様&送別会、やりました。

ちょっとひと段落、今年は教科書を販売している夢をほとんど見ることもない(毎年、必ず出てくるのですが)ままに終えた栗林です。 今年も、無事(今のところ、トラブルの案件はないので)、学校関係の準備、納品か …

「その犬の名を誰も知らない」

金曜日です。 小学館プロダクション 北村泰一・監修 嘉悦洋・著「その犬の名を誰も知らない」って本が出てまして、これがすこぶる興味深くて今回はご紹介します。 タロジロといえば南極物語でお馴染みですが、そ …

pop

『ころべばいいのに』

こんにちは、栗林(B)です。 最近、この子↓みたいになっています。 これまでにない、ネガティブなタイトルの絵本です。中身はポジティブ ヨシタケシンスケさんの新刊、本日発売です。 あいかわらず、面白いな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。