スタッフ雑記

お久しぶりですの近況です。

投稿日:2020年5月22日 更新日:

金曜日ですー。

めちゃめちゃ久方ぶりの投稿になるんですが、といってもこの投稿画面は毎週見ていて、毎週結構な分量を書いては消していったら今しがたに…みたいな感じです。以前の投稿が結構コロナウイルス全盛期な感じだったので…というか今年まだ五か月ですよ。

上半期も終わってないのにこの有様って凄くないですか?

「いやぁ今年の流行語は密だなー」って感じですが、この感じだと今年の後半とか密とか普通になって全くインパク知の無い感じになるんじゃないかと思ったりします。普段から段取り的に密を避けるように、通称ダンミツ的になると踏んでます(色々言いたいだけ)。

本屋ではコロナの渦中に発表された本屋大賞・凪良ゆう「流浪の月」をはじめ、カミュのペスト、五木寛之「大河の一滴」などなど、ご興味を持たれた皆様のお手に届いて行ってるようで安心しておりますし、まだまだどんどん興味深い本を仕入れていきたいと思っておりますよー。

まだまだ字数があるので本を紹介しようと思います。

講談社 ニックランド「暗黒の啓蒙書」です。

ニックランドの本と結構前に出た新反動主義の概要が分かる本

 

以前、星海社新書から木澤佐登志「ニックランドと新反動主義」という本が出たり、ユリイカでVaporwaveが特集されたりと認知されていっている新反動主義界隈ですが、この新反動主義の考え方で「ああーめっちゃアメリカっぽい!!!」って思ったのがあって、似たような言動は日本でも見られるものの根底では違うのかもなーって思ったりしたのですが、例えば新反動主義はフェミニズムであったりポリティカルコレクトネスをあまりよく思っていません、で、その理由が、

それは”フェミニズムであったりポリティカルコレクトネスであったりは我々の権利を侵害しているから”らしいのです。

この新反動主義であったりマルクスガブリエルの新実存主義、マークフィッシャーの資本主義リアリズムらへんは本当に”今”を捉えているなーと個人的に思いますし、何なら都市伝説の関が言うAIが人を選別するっていうのもがっつりここに入っていたりするので何か面白そう!って思った人は是非ぜひ色々と掘っていって見てくださいませー。

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「本屋はなんや祭」お前もこいよ!!

栗林です。 昨日は、心斎橋のスタンダードブックストア http://www.standardbookstore.comにて 参加証明の特別なしおり。イラストも秀逸。   「本屋はなんや祭」 …

no image

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」 月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん …

体感すること

お盆も過ぎ、不思議と気温が下がり、湿気と熱が取り除かれた心地よい風がベランダから入る気持ちのいい朝・・・ のはずが、 足がつり、うめき声をあげて 起き上がった栗林です。 高校野球の球児が熱戦の途中で足 …

ミツバチはレベル:2

日曜日。 W杯・・・。昨日のドイツのロスタイムの執念のゴール、とか書き出すとキリがないので、今日はやめときます。 私どもの小阪駅高架下の店舗は広さでいうと35坪ほどでしょうか、決して広くない、いや狭い …

50回目のファーストキス

映像化コーナー移転しました(結構前に)。

前回書いた書店員になると配られるあれなんですが、オープンという名前は企業名だったようですー(ひとつ前のブログ参照)。道理で誰もオープンなんて呼ばないわけだ。スマートフォンの事をソニーって呼ぶようなもん …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。