スタッフ雑記

コペルくんのレアなコメント。

投稿日:

先日、フィギュアの羽生さんが当店で隠れてバイトをしていたのが発覚して、私が警備に追われる、という夢を見て、慌てて目が覚めた栗林です。

夢でよかった、と思えるくらい警備は大変でした。

はさておき、世の中GWに突入です。繁忙期も過ぎ、お出かけする方が多いこの時期にいつも、棚の整理やメンテナンスをやることが多いです。

商品のPOPを書いたり、出版社様から届く拡材を利用してアピールしたりしてできるだけ商品を手に取っていただくこと、と同時に、売れ筋を切らさないこと、が大事です。

出版社様からくる拡材も様々。

等身大のパネル(昔、広末涼子さんの時があったりした)や、光るものや、逆に手書き風のPOPだったり。

そんな中、今もまだ売れ続けている

『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)

単行本はおじいちゃんが。漫画版はお孫さんに、なんて買い方もされたりと、絶対にどこの書店さんにもあるであろうこの一冊。元祖の岩波文庫も、もちろん売れております。

もちろん、アピールするためのポスターや、平積み用の下敷きなどもいただいており、利用しているわけですが、最近あまり店頭に入ってませんで、いろいろ整頓やら在庫確認をしてまして、その際に『君たちはどう生きるか』の現在庫の確認と、その際にホコリを払い、積み直しをしてはじめて気づいたのがこちら。

なんとも悲しそうなコぺル君・・・
大丈夫!切らさないよ!

これは、平積みの在庫がなくなったときに見えてしまう、ある意味見たくない画。

「売れているものを欠品するなんて、何してんだよ」と書店員としての管理不足を指摘されているかのようです。

これを、当店で切らしたくない商品全点に、平積みの下に潜ませておこうか。

ちょっとした工夫ですが、これを見たくないがためについつい発注してしまう書店さんもあるのでは、というくらい秀逸なマガジンハウスさんのアイデア。

GWですが何か?仕事ですが、私は本日は少し時間短めで出勤させていただきます。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安物雑貨店のドストエフスキー、今年もこのミスにランクイン。

金曜日、ブログ担当の村尾です。 このブログを書き始める前はよくツイッターにもつぶやいていて、それを読んだことある方で知ってるって方もいると思いますが、僕は海外文学をよく読んでいました(今は時間が取れず …

棚の現在

僕が好きな棚の一画。

栗林書房ブログ、今回は村尾が担当です。 栗林書房の男性誌コーナーの一画に書籍を置いてあるとこがあるのですが、少し前まではファッション系のものがパラパラっとあるだけだったので一冊、また一冊と置いている内 …

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

フリーペーパー、なんだかんだで5年です。

健康診断も終了、やはり太ってきたことを自覚せざるをえない。これが「中年太り」なのでしょうか・・・。大学時代のダイエット(高校卒業と同時にクラブをやめて、2年で20キロ増からの、3か月で20キロ減!)を …

オニのサラリーマンしゅっちょうはつらいよ

サラリーマンはつらいよ?

みなさま、こんにちは。 本日担当は栗林(B)です。 栗林一族の中で最も新参者で認知度の低い栗林でございます。 ぼちぼち小阪にも馴染んできた、ような気がします。 あんまり店で見ない奴だー、何しとんねん、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。