スタッフ雑記 未分類

こ洒落た本屋。

投稿日:

金曜日ですよ、ブログ更新です。

今回は一軒の本屋について書いてみたいと思います。

場所は心斎橋、僕の記憶の中だと(今、この時期に”記憶”という言葉を出すのもあれですが)心斎橋のLOFTかそこらへんの建物の3階?らへんにめっちゃこ洒落た本屋があったんですよ。

ヴィレッジバンガードみたいに雑貨は記憶の中では置いてなくて、照明はそんなに明るくなくて、本棚がジュンク堂とか見たいに四角にキッチリ整理されて置かれている訳でもなく凄いゆったりと棚と棚の間が取られてる印象が。。。

それで品揃えがどっちかというとオシャレな感じだったと思うんです、、、思うんですというのはその書店で覚えてるのが水声社から出た根本敬が率いる幻の解放同盟の「幻の名盤百科全書」だけなんです。あのめっちゃ分厚いやつ。それが面陳、平積みと置かれていてしかもサブカル棚にありがちな隅っことかでなく普通に良いとこに置かれてたっていうののみ(あともしかしたらアメコミとかあったかも、、、)。

栗林書房だと今の海外文学の文庫のとこがかつては海外文学の単行本だった時があって、そこの棚でフレデリックフォーサイスとかジャックヒギンズとかペラペラとジャケットカッコいいなーとか帯やあらすじの煽り文がそそるなーって思ってたり、

あと近場だとヒバリヤ書店の本店の日本文学の前がオカルト本のコーナーのなってて大学生の時はよく立ち読みしに行ってました、、、みたいに結構行く本屋って覚えててかつ定位置みたいなのがあるんですが、この本屋に限ってはその根本敬の本の棚と薄暗い照明、広い店内、北向きくらいしか覚えてなくて、、、本当にあったのかなぁ。。。初めて見た根本敬の世界の衝撃に耐えきれずに虚構の書店を作り上げたのかなぁ。。。とすら最近思うようになってきております。いや、あったと思うんですよね。唯一確かなのがそこで根本敬の漫画読んでたって事だけっていうのがあれですけども。

 

-スタッフ雑記, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文庫X

秘めたる想い、とどけ。

皆さんは文庫Xをご存知ですか?申し遅れました、金曜日です、というわけでブログ担当は(村)です。改めて、みなさん文庫Xはごぞんじですか? 文庫Xこと殺人犯はそこにいる これですね。写真が失敗して横むいち …

now printing

みんなでプロレスイッテンヨン。

明けましておめでとうございます、お正月で曜日感覚が崩壊しかかっておりますが本日は金曜日です。村尾です。 今年も栗林書房をよろしくお願いいたします。 さて、プロレス好きな身分としましては今日は絶好の&# …

学参の定番

栗林です。 ちょっと、更新がずれてきているので、修正を。代打です。 「参考書」 当店は参考書専門店として現在営業中ですが、来店の、特に高校生のお客様同士でもおそらく、 「英単語はこれやろ」 ターゲット …

「これ、ええこと書いてる。お前も読んだ方がええでえ!」

仕事柄、当然ですが、本に関するお問い合わせ、ご相談に応じて、「こんなんどうですか?」とか、内容に即したものをおすすめする機会が多い栗林です。 私は、上記のような提案型でのおすすめをするのですが、先日は …

どんまいなペンギン図鑑

いとらうたし

みなさまこんばんは、栗林(B)です。 すっかりあたたかくなりましたね! 朝方、縄張り争い?のネコの声を聞き、 出勤中にネコ3匹を見、 仕事中に(2階の)窓の外を行き交うネコを2匹の気配を感じました。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。