未分類

至福の休日。

投稿日:

怒涛の3月を前に、本日はお休みをいただけた栗林です。

たまには、休日気分も、ということで朝の至福のひと時。休日だけはええコーヒーを飲み、おいしいパンを食べる、だらっとしながら本を読みつつ、昨日寝落ちで見逃したカーリングの再放送がないのかを新聞見ながらチェックし、1時頃からやるのを発見して喜び、書評を確認し、午後少しは外に出よう、とそんなことを考えてます。寝てしまったらそれはそれでいいか、とも。

富山珈琲さんの豆で挽いた珈琲に、フランクスさんのパン、そして今日の本。

私は、先代から引き継いだ形ですが、自分でお店を始められた、それだけで尊敬に値するな、と最近とくに思います。当店周辺にもそんなお店がある中、何かとお話しもさせていただく「フランクス」さんのパン、サンドイッチ(大阪府 東大阪市 小阪本町 1-1-18)と、「富山珈琲」(大阪府 東大阪市 小阪 1-11-3)さんで買う豆は私の中では、小阪になくてはならない存在です。やはり個人店を応援したい思いもかなりあります。

本を読む、にこの二つの要素が加わることでリラックス度がものすごく上がります。

漫画も読みつつ、個人店、珈琲つながりで、この『新宿駅最後の小さなお店 ベルク』(ちくま文庫)、を改めて読みたくなったので棚からセレクト。

個人店は大変だけれども、こんなに楽しい、という、ご自身の経験もふまえた良書だと思います。これから何かを始めよう、という方にはぜひオススメしたい一冊ですし、個人でお店を切り盛りなさってる方にもいいです。

毎日が休みだと、それは休みとは言わない、と少年ジャンプで連載中、『銀魂』の長谷川さんがいった名言だと私は思いますが、明日から一か月を駆け抜ける気合いを今日、ため込みたいと思ってます。

次回はもう、三月です。来週もよろしくお願いします。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

キュンタ、はっけん、よまにゃ、ぶっくりん

もう、サッカーで頭がいっぱい、色々話題をまた振りまいてくれます、日本。 次はベルギー戦、夜中3時、でも観る! すいません、今日はこんなタイトルで。 ちなみにこれ、前の3つは「出版社の夏の文庫フェアのキ …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

「化学の本、どれ売れてます?」相談に乗ります参考書売場。

2月が助走、3月がいよいよ本番の学校様への教科書販売。 当店では、レッド小阪店で一般書、雑誌を。駅南側、旧文庫の店では、現在、参考書専門店として販売しております。 幼稚園のドリルから、小、中、高校学 …

ネットの有難み

日曜日。 出勤してきたら、プリンタ壊れてました。 汚くてすいません。いろいろ悪あがきして汚れました 金曜、動いてたよね?まだ2年生だよね? もちろん、エラーメッセージを確認し、色々やってみるのですが、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。