スタッフ雑記

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

投稿日:

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」

月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん店内で運び込む、というのが一日の始まりですが、火曜日と金曜日の朝、必ず商店街の入り口に立ち、登校する子供たちや我々にも、元気よく「おはよう」「いってらっしゃい」と声をかけて下さり、こちらも思わず「おはようございます」と声をかける、そんな地域を見守り、治安にも貢献されている方から、いつもと違う声をかけられた。

最近、オフィスの一角に置く本を選んでほしい、とかマンションの住人向けのスペースに本を置きたい、という要望にお応えしている書店の方のSNSの投稿を見たりしていたが、ほぼそれに近い仕事が私のところにも回ってきた。

「ありがとうございます、ぜひ伺います!」と即答し、予定していた倉庫内の教科書の整理は店の方にお願いし、先日ご挨拶もかねて午後にそちらへ向かう。

「これくらい、で考えてます」と、見た感じ、棚が約3段から4段くらい。

空きのある、本棚。

上記の写真以外、定番の『学習漫画 世界の歴史』や日本の歴史などは完備。

セットでございます。

 

もちろん入っているもの以外で考えるので、戻ってから在庫を確認できるように、ちょっと写真撮影。

「『サバイバルシリーズ』(朝日新聞出版)はお願いします。」

ここだけは指定。よくご存じである。

このスペースにある本は、どれもまあまあ、読まれているのがわかるくらい、本が傷んできている。それだけ、子供たちが手に取り、読んできた証でもある。この空いている棚に、自分が選んだ本が置いてもらえるのだ、と思うと嬉しいのもあるし、置けたとしたらその後の反応は相当気になる。なんか大げさに言えば、「棚に魂を吹き込む」そんな感じか。

本は基本一人で読むものだけど、本を介して子供たちが共通の話題になるような、「あれ、おもろいで。」とか、「まだあれ読んでないの?」といった会話を生む、そんな本を一冊でも増やしたい。「読みたい本が増えた」という場にしたいのと同様に、自分たちではちょっと選ばないだろう、子供たちにとって新しい発見、というような本も、おっさんのエゴで1、2割こそっと提案させてほしいように思う。

せっかくの機会なんで、店の子らにも、ぜひ考えてもらおう。

人の集うスペースに対して「本を置いときたいけど、何をおいたらええかわかれへん」とか思ってる方、もしいらっしゃったら、ぜひお声かけ下さいませ。栗林書房の知識をかきあつめて、全力で考えます。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。 今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。 で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ …

どんまいなペンギン図鑑

いとらうたし

みなさまこんばんは、栗林(B)です。 すっかりあたたかくなりましたね! 朝方、縄張り争い?のネコの声を聞き、 出勤中にネコ3匹を見、 仕事中に(2階の)窓の外を行き交うネコを2匹の気配を感じました。 …

no image

O君、Y君。

金曜日デス!ブログは(村)です。 教科書作業も山場を越えました。そこで色々と画像付きで報告しようと思ったのですが、栗林(B)のパソコンで画像を保存にした際、どこに行ったか分からなくなりました。(※業務 …

2100年44度、どんどん暑くなるようです。

金曜日です。 まだまだ暑い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。明日明後日と栗林書房では棚卸を計画しております。これまで猛暑と呼べる晴天が続いていたにも関わらず、台風が来そうという事で色々と事 …

寺山修司、宿野かほる、祟山祟。

  恐怖の口が目女 みなさんはおおかみ書房というのをご存知でしょうか? 「プロの作家が商業誌に掲載したけれど単行本化されなかった作品を自腹で書籍化する活動をしている」ところなのですが、そのお …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。