スタッフ雑記

子供たちが読みたい本を、選ぶという仕事。

投稿日:

「ちょっと、子供らが読む本、選んでもらえません?」

月曜から土曜、ほぼ毎朝、栗林書房の前には、その日発売の新刊や、当店のスタッフが追加注文した商品をトラックで届けていただき、私はそれを確認し、いったん店内で運び込む、というのが一日の始まりですが、火曜日と金曜日の朝、必ず商店街の入り口に立ち、登校する子供たちや我々にも、元気よく「おはよう」「いってらっしゃい」と声をかけて下さり、こちらも思わず「おはようございます」と声をかける、そんな地域を見守り、治安にも貢献されている方から、いつもと違う声をかけられた。

最近、オフィスの一角に置く本を選んでほしい、とかマンションの住人向けのスペースに本を置きたい、という要望にお応えしている書店の方のSNSの投稿を見たりしていたが、ほぼそれに近い仕事が私のところにも回ってきた。

「ありがとうございます、ぜひ伺います!」と即答し、予定していた倉庫内の教科書の整理は店の方にお願いし、先日ご挨拶もかねて午後にそちらへ向かう。

「これくらい、で考えてます」と、見た感じ、棚が約3段から4段くらい。

空きのある、本棚。

上記の写真以外、定番の『学習漫画 世界の歴史』や日本の歴史などは完備。

セットでございます。

 

もちろん入っているもの以外で考えるので、戻ってから在庫を確認できるように、ちょっと写真撮影。

「『サバイバルシリーズ』(朝日新聞出版)はお願いします。」

ここだけは指定。よくご存じである。

このスペースにある本は、どれもまあまあ、読まれているのがわかるくらい、本が傷んできている。それだけ、子供たちが手に取り、読んできた証でもある。この空いている棚に、自分が選んだ本が置いてもらえるのだ、と思うと嬉しいのもあるし、置けたとしたらその後の反応は相当気になる。なんか大げさに言えば、「棚に魂を吹き込む」そんな感じか。

本は基本一人で読むものだけど、本を介して子供たちが共通の話題になるような、「あれ、おもろいで。」とか、「まだあれ読んでないの?」といった会話を生む、そんな本を一冊でも増やしたい。「読みたい本が増えた」という場にしたいのと同様に、自分たちではちょっと選ばないだろう、子供たちにとって新しい発見、というような本も、おっさんのエゴで1、2割こそっと提案させてほしいように思う。

せっかくの機会なんで、店の子らにも、ぜひ考えてもらおう。

人の集うスペースに対して「本を置いときたいけど、何をおいたらええかわかれへん」とか思ってる方、もしいらっしゃったら、ぜひお声かけ下さいませ。栗林書房の知識をかきあつめて、全力で考えます。

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

無関心が一番の敵かもしれない。

金曜日ですね、ブログ担当は(むら)です。 坪内祐三が、以前、欲しいと思った本はその時に買わないとという時代になった、、、みたいなことを書いていましたが、これの本当の怖さっていうのがあって、それは今後、 …

読者がいない、なんて嘘だと思える光景。

栗林です。 先日のブログにて書いておりました、商談会の終了後、そうそう梅田まで出る事もないので店に戻る前に、寄り道という名の書店見学、あ、逆か。 ブックスキヨ〇〇さんも、ブックfa-○さんも、蔦○さん …

古墳本

円・方・双方中円・上円下方・前方後円

こんにちは、栗林(B)です。 ようやく3月から溜め込んでいた仕事が終わりそうです。 もう夏ですよねコレ。   ついにきましたねー! 「百舌鳥・古市古墳群」のユネスコの世界文化遺産登録!(見通 …

ねこぶたニョッキのおつかい

小さなお子様がいらっしゃる方は福音館書店のこどものともを一度お手にどうぞ。

金曜日です。皆さまは「こどものとも」ってご存知でしょうか?毎月出てる雑誌みたいな絵本で、こんな感じのものです。 ねこぶたニョッキのおつかい   ゆかしたのワニ 「ゆかしたのワニ」に書いてある …

「試し読み」の偶然な出会いって素晴らしい

あいにくの雨の日曜日。 学校さん向けの教科書の準備に日々追われ、来週も販売があり、週末からは特に、予定がパンパンな栗林です。 最近、コミックにしても、スマホ画面で読むスタイルが定着しつつあるのは承知の …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。