未分類

「調べる」だけが能じゃない。辞書を「楽しむ」

投稿日:

金曜日。「広辞苑」が10年ぶりに発売。やっぱり、これしかないかな、ということで。

今なら、「広辞苑をつくるひと」付録ついてます。

「今、まだ広辞苑、売れるんですね。今日は広辞苑ばっかし」

そんな会話をかわしました。たぶん、この会話のうらには

「もう電子辞書でいいんじゃないの?」的意味合いが込められているのだと思います。

なんかどうも、「辞書=言葉を調べるためのもの」的認識しかないように思えます。

あんな重たくて使い勝手の悪い、しかも高い辞書より、軽くて知りたい事がパパッと調べられる方がええに決まってる、そんな声があちこちで出るのですが、もう少しいい面も見てあげてほしいようにも思います。

電子辞書がウサギなら、紙の辞書はカメ、かもしれません。「知りたい」ことにすぐたどりつけることは、便利なのですが、そこで完結してしまう。一方、カメに例えた紙の辞書は、場所を取るし、古くさいかもしれませんが、手でめくり、目で見る作業を経て調べたことは「経験」として蓄積され、なによりその言葉の周辺にちりばめられた新しい言葉を知る、という新たな「発見」があり、それを興味をもって読むことが、時間をとられ、無駄足のようでいて実は後から語彙力の増加にも自然とつながっていると私は思うのです。

小学校では「辞書引き学習」というものがあり、導入校はこういう効果を期待し、小学生のうちにすることは、きっと水を吸収するスポンジのように語彙力を増やしているのだと思います。

辞書の代表ともいえる「広辞苑」、そんな見方をするとまた違った魅力があるかと思いますが、いかがでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

至福の休日。

怒涛の3月を前に、本日はお休みをいただけた栗林です。 たまには、休日気分も、ということで朝の至福のひと時。休日だけはええコーヒーを飲み、おいしいパンを食べる、だらっとしながら本を読みつつ、昨日寝落ちで …

no image

本嫌いが読書に目覚めてよかったこと 1

今回は、小さいお子さんのいらっしゃるご家庭の方にぜひ、読んでほしいと思います。 「本に囲まれていいよね」 なんて声を掛けられるのが、私の学生時代の苦痛でした。先週、書いた中のマイナスな方。「勉強のため …

おらが国を応援する!

日曜日は栗林、宜しくお願いします。 今日はすいません、サッカーのことしか書いてません。 4年に1回なんで許してください。だってサッカーワールドカップですよ! ここでもう一つお詫びを。   今 …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

ネットの有難み

日曜日。 出勤してきたら、プリンタ壊れてました。 汚くてすいません。いろいろ悪あがきして汚れました 金曜、動いてたよね?まだ2年生だよね? もちろん、エラーメッセージを確認し、色々やってみるのですが、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。