スタッフ雑記

うちの隠れた人気者

投稿日:

栗林です。

年始の互例会的な挨拶も終わり、いよいよ当店も教科書販売に向け、先生方との
日程調整や発注、また続々と届く荷物の仕分けと慌ただしくなってまいりました。

中学・高校の教科書。

 

これは本当に重い。

そんな時、まとめて運ぶときに必要なのが台車。
コンビニさんでも、宅配の業者の方でも必須アイテムです。

身近にありすぎると、その有難さが感じられない典型かもしれないのですが、多くの
宅配ドライバーさんの心に響くのか、

「この台車、ええですよねー。」

と、言われます。どの辺が?と尋ねると、ほとんどの方の答えが

少々のことで壊れないでしょ、これ。

確かにそう。近頃の台車って、総じて軽く設計されているのですが、やはり
運んでいると、すぐキャスターが壊れたり、台の部分が割れたりするようです。

そういう意味では、これは鉄製で重たいのですが、壊れはしないし、このキャスターも
どういうわけか、頑丈です。もちろん、どこかぶつけても、こちらよりも、向こうが痛い目にあう感じです。

私の物心ついた頃にはすでに活躍されてましたので、もう大ベテランです。
文句も言わず、あんな重い教科書(一個約20kg)を15個くらいまでなら運んでくれる
優れモノです。年季入ってるので、もとが何色なのかが不明なのですが、これもまたええ味ということで。

やっぱり、昔の人が作られたものは、なんか魂がこもってる、そんな気が致します。
やはり、使う側、また台車の一番の仕事「ものを運ぶ」ことを優先に作って下さってた
のだろう、と思います。

個人的にはこの、取っ手部分が微妙に角度がついていて、運びやすいのです。

何故かといいますと、

最近のは、台の部分と取っ手の部分が直角になっているのが多いようで、

それだと荷物を多く積んだら、手を挟んでしまうのです。

何でも大事に扱わないといけませんね。今期もよろしくお願いします、

台車先輩。

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年と縄文時代はどちらが暑いか?

こんにちは!棚卸準備中、栗林(B)です。 B型ですが、仕事はキッチリ(`・ω・´)A型です。(たぶん) (あぁ、まぁまぁ、デスク廻りはB型ですね、ハイ。) 棚卸とはいえ、気心知れているスタッフで行うの …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

体感すること

お盆も過ぎ、不思議と気温が下がり、湿気と熱が取り除かれた心地よい風がベランダから入る気持ちのいい朝・・・ のはずが、 足がつり、うめき声をあげて 起き上がった栗林です。 高校野球の球児が熱戦の途中で足 …

「司馬さん」を偲んで。

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。 本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。 記念館の外観です …

楽しんで、手書きPOPを

アナログな栗林、ブログ第二回です。 アナログ人間ではあるがゆえに、今回は「手書き」についてです。 どんな人間にも少しはできることがございまして、主に、いわゆる「手書きPOP」というやつで、私、これだけ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。