スタッフ雑記

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

投稿日:

祝日の金曜日です。

今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。

本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、これって元は文化的なインフラだなーって思ったんですよ。

要は本の流通の根本って日本全国の知的底上げ出来るシステムかなぁって。

しかし今現在、「出版業界は変わらなければ生き残れない」とも言われています。町の本屋がどんどん潰れていってるとも言われます。

そういうのを↑のを(本が知的底上げをし、本の流通と本屋がそれを日本全国に普及させた)踏まえて聴くと、ああ日本はもうある程度全体的に知的底上げしたのかなぁって思ったりします(結構前にそれは終わっていて今、表面化してきてるのかも知れませんが)。

何でこういうの思ったかというと、個人的に僕自身の本屋のイメージが「日本全国の知的底上げ」を担ってた感が強いからなんです。サブカルチャー的なものも含めて色んなものの基礎的教養を育んでくれたというか…。

もしもその役割がとりあえずにしろ充たされたなら本は次はどういう意味合いを担っているのかなぁそしてそれを売る本屋はどういう意味合いを担うのかなぁっていうのを考えたりそして考えなかったりしながら毎日本を棚出ししております。

ちなみにキンコン西野さんはざっくり書くと本はコミュニケーションで、本屋はスナックのようなものって書いてたと記憶しております(間違ってたらすみません、西野亮廣さんの著書「魔法のコンパス」「革命のファンファーレ」「新世界」在庫あります。「新世界」のサイン本もありますので是非是非どうぞー!)。

西野亮廣さんの本、在庫あります。「新世界」サイン本入荷しました。

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鶯の声を聞くと5月だなぁと感じます

こんばんは、栗林(B)です。 ゴールデンウィーク真っ只中ですね~、 皆様のご予定はいかがでしょうか? 「どこにも行く予定がない…」という日には ぜひ当店に暇潰しにお越し下さいませ(^^)/ &nbsp …

本を読んで映画、映画を見て本。

少し前に、実写版「銀魂2」を、八尾のアリオまで見に行きました。 映画自体が久々で、実は1作目の「銀魂」以来。 映画、よく見に行かれる方には当たり前なのでしょうが、たまにしか行かない私にとっては、これか …

この時期、必ず来るんですけどね。

あれから10日ほどたち、繁忙期も大詰めです。 先日治療済の銀歯がポロっと取れて、お世話になっている歯医者さんに向かうも、まさかの金土日が臨時休業で、恐る恐る食事をしている栗林です。 春は、卒業、そして …

ティムオライリーが本を出しました。

金曜日です。お久しぶりの金曜日更新です。最近、よくGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の話を聞くのですが、個人的にティムオライリーはこういうとこに入らないのか―って思いがずっとあっ …

50回目のファーストキス

映像化コーナー移転しました(結構前に)。

前回書いた書店員になると配られるあれなんですが、オープンという名前は企業名だったようですー(ひとつ前のブログ参照)。道理で誰もオープンなんて呼ばないわけだ。スマートフォンの事をソニーって呼ぶようなもん …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。