スタッフ雑記

回収となっている本がありますのでご報告。

投稿日:

金曜日です。

先日、イーストプレスから発売になった外山恒一さんの「全共闘以後」という本が文章に誤りがあって訂正するために回収となったのですが、

そうでなくても落丁乱丁などがたまに発見されたりします。ただ資格本とかでわざと途中から上下反対にしてたりするものがあって、これどっち?ってなることもあります(それはそういう仕様でした)。

細かいところだと誤字脱字とか、大きなものだと挿絵がないとかいろいろとトラブルあると思うんですが、僕自身、一度あったのが途中からページがループしてちょっと先から再開するっていうのがありました。

分かりやすく言うと100頁まで来たとこで次のページが90頁になってそっからまた100頁まであって、その次の頁が110頁になってるっていう。

で、これが面白かったのが、あるバンドのメンバーの伝記で不仲で解散するんですね、で、ループする直前のラストの行が「これから真実を話すことにしよう」なんです。

おお!と思って読み進めるとあれ?一回読んでるここ!ってなって、(綺麗に繋がっていると意外とすぐには気づかないもんなんですよ)ループが終わるとこどこ?って探してパッと開いたらこれ遜色なしに「これがこのバンドに起こった全てだ」って書いてあるっていう。

ええーーーーーっ!!!ですよ、本当に(笑)

で、やっぱり解散の理由とか知りたいので出版社に電話してーーーーみたいな感じでまぁ正常なというか普通に普通な本と交換してもらった訳なんですが、あれほど知りたかった解散の理由がそんなにあれでもなくてみたいな、ね。

何かちゃんとした本が手に入ったんだけど、あのループ本の面白さみたいなものの方が勝ってたなーって思う今日この頃です。

絶妙な不良だったので、あれはあれでいい本だったなー。

もちろん書店としては乱丁落丁本を売るなんてことはあってはいけないことなのでね。

日々、チェックしておりますが、もしも店頭の本などで発見した場合は最寄りの店員までご報告お願いいたします。

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村上春樹とかシャンシャンとかフェアのお知らせとか

金曜日です。まず村上春樹の短編が三つ収録された文學界が発売しております。本になるまで待てないという方は是非ともお手に。 文学界7月号 そしてお次は上野で大人気のシャンシャン。 シャンシャンは出版界にも …

no image

そんなに缶をいっぱい描いていいのー?

金曜日です。 先日、マルセルデュシャンのインタビュー本が入荷してまいりました。 河出書房新社「マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ アート、アーティスト、そして人生について」 この本はと …

20世紀エディトリアルオデッセイ

20世紀エディトリアルオデッセイ

栗林書房にて色々担当しております村尾と申します。 今回はブログを担当させていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。 で、今回何を書こうかと色々考えていたのですが、まず第一歩ということで,おすすめ …

VR栗林書房を考えてみたらこんな感じになっちゃいました(個人的意見)

金曜日です。 お盆休みもほぼ終わり、また通常業務に戻って行きつつありますが、その結果栗林書房のブログが三日連続の更新となりそうです。連日投稿の三本目で素敵な話、どこか出かけた話と来てるので僕は結構どう …

本を読んで映画、映画を見て本。

少し前に、実写版「銀魂2」を、八尾のアリオまで見に行きました。 映画自体が久々で、実は1作目の「銀魂」以来。 映画、よく見に行かれる方には当たり前なのでしょうが、たまにしか行かない私にとっては、これか …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。