スタッフ雑記

「本屋はなんや祭」お前もこいよ!!

投稿日:

栗林です。

昨日は、心斎橋のスタンダードブックストア
http://www.standardbookstore.comにて

参加証明の特別なしおり。
イラストも秀逸。

 

「本屋はなんや祭」

 

なるイベントに仕事を終えた後、行ってきました。

リンクを見てもらったらわかるのですが、御存知の方も多い代表、中川和彦氏の大阪を代表する書店です。

晩、6時40分にトークショーがスタートでしたが、到着したのが7時。
カフェスペースがほぼ満席の中、対談を聞きつつ、まず自分が目を引いたのが、福岡の
町の書店 ブックスキューブリックhttp://bookskubrick.jp/keyaki の代表、大井実氏の姿が!

私も一書店員として、ある意味憧れの一人、とも言える方のお話が聞けることが、本当に嬉しかった。書店員は得てして、書店好きでもあり、旅に出れば必ずご当地の書店に足を踏み入れたくなる私にとってまだWEBと、著書『ローカルブックストアである福岡ブックスキューブリック』でしか見たことのない書店のひとつである。

このイベントにある通り、「本屋はなんや」の模範店ともいえる形なんだと思っている。スタンダードブックストアに比べ、サイズ感がいわゆる「町の本屋」だからかもしれない。多くの町の本屋とは一線を画す「本屋」であるのは間違いない。

全くもって個人的な印象だが、「書店」と言われるよりは
「本屋」と言われる方が、お客様とより近い関係が築きやすい、そんな気がしている。

お題が「本屋の未来」。

自分自身に直結する話でもあるので、食い入るように聞いていて、写真が全然ないのだが、色々メモ書きしたのを見返していると

 雰囲気 小さな経済圏

というのがあり、会話の中で一番印象に残ったのは

「いい店にはいいお客さんがいる」とか
「マナー、モラルに欠ける方がいる」とかの問題があるけど、これって結局、売場作りを担っている我々の問題なんだよね

という意味合いのコメント。

自分で、どこかこの部分が引っかかってるのがよくわかる。

リアル店舗の生命線は、来店客がいることであり、より密着した関係性を築くことであり、お客様に(当店への来店を含めた)買い物の価値を提供できること、というのが自分なりの定義として、書いてみた。

こんなことを思えるきっかけをいただけたことにも感謝したい。

それにしても、この「本屋はなんや祭」、参加者がまずすごい数だったのと、
お話しした中には図書館員の方、イラストレーターの方、工務店、とすでに多種多様。
キングコングの西野氏も駆けつけ、前出の大井さんいわく

「これはもう「中川さんのファン感謝祭」ですね」

という表現が言い得て妙、な感じ。

もう少しいても(気づかなかっただけなのかな)と思ったのが書店の方の数。

最後には、参加していた書店員の紹介もしていただき、私は地元東大阪の町工場が

舞台の『ハゲタカ4.5スパイラル』をもって挨拶。

東大阪が舞台ですよ

東大阪、小阪のハゲタカ

とかもう、言いたい放題の口の悪さは相変わらずだが、突然ええことも言われるので油断できない、「俺、友達おらんねん。」が口癖の中川氏。

間違いなく「場」として成立しているスタンダードブックストア。

いっぱいいるじゃないですか、ここに。

本屋はなんや、に答えはないが、それを追い求めて歩を進めていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

棚の現在

僕が好きな棚の一画。

栗林書房ブログ、今回は村尾が担当です。 栗林書房の男性誌コーナーの一画に書籍を置いてあるとこがあるのですが、少し前まではファッション系のものがパラパラっとあるだけだったので一冊、また一冊と置いている内 …

体感すること

お盆も過ぎ、不思議と気温が下がり、湿気と熱が取り除かれた心地よい風がベランダから入る気持ちのいい朝・・・ のはずが、 足がつり、うめき声をあげて 起き上がった栗林です。 高校野球の球児が熱戦の途中で足 …

お買いものパンダの本

キャラクター栄枯盛衰

こんにちは、栗林(B)です。 誰もツッコんでくれませんが、(B)はB型のBです。 書店員にはB型の人間が多いように思うのですが、いかがでしょうか? これをご覧になられた書店員の方、ご同僚方の調査報告を …

no image

芹明香

今回はワイズ出版から発売、鈴村たけし/鵜飼邦彦 編「女優 芹明香伝説」のご案内です。 以前、黒岩重吾「飛田ホテル」をご紹介した時に釜ヶ崎の本もいくつか紹介しました。 でも僕の中で釜ヶ崎と言えば映画で大 …

no image

こ洒落た本屋。

金曜日ですよ、ブログ更新です。 今回は一軒の本屋について書いてみたいと思います。 場所は心斎橋、僕の記憶の中だと(今、この時期に”記憶”という言葉を出すのもあれですが)心斎橋のLOFTかそこらへんの建 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。