スタッフ雑記

希望や可能性というもの

投稿日:

こんにちは!栗林(B)でーす。

昨日の高校野球決勝はご覧になられましたか?

ライブで見ていなくても、各種メディアでガンガンに放送してますので

ご存知ない方はいない!はず!

本日朝刊

感動をありがとう!!

・・・そうです。めでたくここ大阪の大阪桐蔭が優勝、

地元金足農業は力及ばず、準優勝に終わりました・・・ですので

 

 

●●●金農ロスのため、本日は休載致します●●●

 

 

 

 

 

2015年大会で秋田商業高校ベスト8に進む快挙があったものの

それを除くと県勢は初戦敗退が非常に多く、

内心「初戦で負けてもいつものことだ」という思いがどこかにあったことは否定できません。

 

でも、戦っている彼らは違っていました。

勝つために全力で、勝てると信じて、ずっと戦っていました。

「白河の関を越えられぬ優勝旗」ではありませんが

長年見たり聞いたりしたことがいつのまにか染み付いて

希望や可能性というものを

私は心の底から信じる事ができなくなっていたのだな、

ということを彼らを見ながら考えていました。

 

願わくば、彼らに健やかな野球人人生を。

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読者がいない、なんて嘘だと思える光景。

栗林です。 先日のブログにて書いておりました、商談会の終了後、そうそう梅田まで出る事もないので店に戻る前に、寄り道という名の書店見学、あ、逆か。 ブックスキヨ〇〇さんも、ブックfa-○さんも、蔦○さん …

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

祝日の金曜日です。 今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。 本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、 …

とてもいいブログを思いついたのに思い出せない。

昨日、朝、本を棚入れしている最中もしくは検品中にとんでもなくいかしたブログの記事を思いついたんですが全く思い出せずにいます。 「そんなこと言って本当は何にも思い浮かばなかったんだろう?」 いや、信じて …

店の目的はひとつ

やっと腰がほぼ回復した栗林です。教科書関係が本格化する前でよかったー。とはいえ朝、起きるときは恐る恐るでございます(笑) さて、我々の仕事は情報が重要です。日々、出版社さんから「新刊案内」が郵送されて …

新年明けましておめでとうございます

元旦は皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか? もう、何年目になるのでしょう、元旦から三日までは(今年は、3日は従業員さんが出てくれます、感謝!)営業時間短縮ながら毎年、店頭に立っております栗林でござ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。