スタッフ雑記

KLFの評伝が発売しますよ。

投稿日:

もうすぐ6月、という事であと半月ほどすると以前ツイッターに書いた、河出書房新社からKLFの評伝が発売されます。金曜日です。

今の段階でまだ表紙出ませんでしたので代わりの画像を表示しております。

KLFといっても知らない方多いと思いますので説明すると、

ビルとジミーが1987年にロンドンでThe JAMsを結成、そこからTimelords、そしてKLFと続きます。

まず話題になったのがThe JAMs時代の「The Queen and I」。

サンプリングやカヴァーなどを許可しないことで知られるアバの「ダンシングクイーン」を無許可で勝手に使って当然の如く怒られ、で、アバを説得しに行くんですが会ってもらえず、、、その道中の帰る途中で車が畑に突っ込み、そのままレコードを燃やし始めます。

燃やしてるとまぁその畑の農家に見つかりますよね、で、その農家から発砲されるというコントみたいな話があって、で、このレコード燃やしてる時の様子を写真に撮っていて次のアルバムのジャケットに使ってるっていう(笑)

あとはKLF時代の話では、彼らが賞を受賞したんですが受賞後のパーティで演奏中にビルが客席に向かって空砲を撃ち、さらにそのアフターパーティが催されたホテルの外に「私はあなたたちのために死にました、どうぞ召し上がれ」と書いた紙を貼り付けた羊の死体を放置し、会場を去ったっていうのが一番有名だと思います。

ロックンロールのレジェンドたちのどんちゃん騒ぎとかって武勇伝的に語られることは多いですが彼らのように活動そのものがパフォーマンスに見える感じで、かといってそれが難解でなく、そのうえでとんでもなく皮肉がきいてるっていうのって凄いし稀だし、

実は一度メンバーの一人が自伝出したんですがそんなに評判も芳しくなく、ほんとこのままだとウィキとかでしか残らない感じになりそうでそんなのもったいないよーって思ってるところに今回の評伝。結構楽しみなのです。

そんな楽しみな一冊、ジョンヒッグス「KLF:ハウスミュージックの伝説はなぜ100万ポンドを燃やしたのか」は6月19日河出書房新社から発売予定です。

ちなみに彼らの音楽はKLF「WHITE ROOM」という作品が安いし手に入りやすいかと思います。2many dj’sがDJのプレイリストに入れてたりフランツフェルディナンドもサンプリングしてるWhat Time is Love?(Live At Trancentral)も収録されてますし、そうそうKLFはチルアウト音楽の元祖といえたりホント調べると面白いのでみなさまぜひ!

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鎌倉ものがたり映画パンフレット

DESTINY鎌倉ものがたり

みなさま、こんにちは。 乾燥が気になる、栗林(B)です。 千円札をスムーズに数えられない程度にカサカサしています。 さて、先週の金曜ロードショー「ALWAYS三丁目の夕日‘64」はご覧になられましたか …

本屋含めて出版業界は面白いなって思うんです。

祝日の金曜日です。 今回はちょっとシリアスに見える感じの話を書きたいと思います。 本の流通って他と比べて委託制度とか日本中どこでも同じ価格とか結構特殊な事が多いんですが、それって何でだ?って考えた時、 …

目からウロコの、ブログの価値。

皆さん、こんにちは。栗林の番が回ってまいりました。 「最低ブログは続けたほうがええ」 と言われ、 「続けるってゆうても、ブログを書きつづける先には何があるんやろ?」 とふと考えてたら偶然にも、これこそ …

フリーペーパー、なんだかんだで5年です。

健康診断も終了、やはり太ってきたことを自覚せざるをえない。これが「中年太り」なのでしょうか・・・。大学時代のダイエット(高校卒業と同時にクラブをやめて、2年で20キロ増からの、3か月で20キロ減!)を …

no image

そんなに缶をいっぱい描いていいのー?

金曜日です。 先日、マルセルデュシャンのインタビュー本が入荷してまいりました。 河出書房新社「マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ アート、アーティスト、そして人生について」 この本はと …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。