スタッフ雑記

読書の風景

投稿日:

栗林です。

毎日、人気作家の小説や話題の本を追いかけ、ネットやテレビの紹介の情報を見て…
それがもちろん仕事ではあるのですが、たまに食傷気味な時もございます。

そんな時に、思いもよらずこういうのを発見して、なんか嬉しくなりました。
「本」のカテゴリーのなかには、写真集ももちろん入ってまして、今日は、思わず
手に取った写真集を紹介したくて。

最近は、電車内でスマホを見る風景が恒常化している日本ですが、

こんなのはどうでしょう?

これが一番インパクトあり。ゾウのかたわらで読書ですよ

テレビでも、『世界の車窓から』とか写真家・岩合光昭の『世界ネコ歩き』など、本当に世界の日常の風景を切り取った番組がありますが、こちらは、世界の方々の、様々なスタイルでの読書の風景を見ることができます。

車のボンネットに寝転んで読むタクシードライバー、ベンチに座って読書している子どもさん、ビーチの傍らで、カクテルを飲みながら、などなど。

写真なのですが、本を娯楽として、ゆったりくつろいで読んでいる雰囲気がたまらなくいい感じなのです。余暇の選択肢のひとつとしての「読書」がそこに見受けられます。

みんな、思い思いに本を楽しく読む。

どこか日本は、読書=勉強みたいなイメージがあるようで、そうじゃなくて、、もっと楽しく読んだらいいと思うんですよね。つまらなかったら途中でやめてもいい、くらいで。

私は、ソファーかハンモックで寝転がりながら、雑音が波の音しかないくらいなところで、

いつ寝てしまってもいい態勢で、ビールかなんか片手に好きなのを読むなんてサイコー

やな、といつも夢見てます。

皆さんは、どんな風に読んでますか?是非教えてください。

 

 

 

 

 

-スタッフ雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「司馬さん」を偲んで。

先日のブログにあった、教科書販売の一回目の倉庫内の準備を、みんなが手早くやってくれたおかげで、本日はお休みをいただいたクリバヤシです。 本日は、国民的作家、司馬遼太郎さんの命日です。 記念館の外観です …

魔術的芸術

それが素敵な子どもかは、さておき。

一週間ぶりのおまっとさんでした(キンキン)、今回のブログは、村尾です。 ある本を紹介しようと思うのですが、その本の内容的な事は多くの批評家などが書いているので(あらゆる芸術を網羅し、魔術的という括りで …

ことりっぷ知床

小さな旅

こんにちは、栗林(B)です。 最近、東大阪からほとんど出ておりません。 もう、小阪で生活が完結してしまっております。   そんなところに本日の入荷品 日本全国、図書館さんへ納品です 人気ガイ …

フランケンシュタインの怪獣

何かの例えで「サンダ対ガイラ」を持ち出す奴は大抵サイキッカー(自分込みで)。

金曜日です、ブログ担当は(村)でございます。 人それぞれにはよく使う言い回しというのがあると思うんです。 あるシチュエーションになった時に繰り出す際に決まった言葉を使うみたいな。 僕にとってそれがサン …

no image

春に読む本

こんばんは、久しぶりにブログに復活しました、 約束を破る、悪い奴の方の栗林(B)です。 まだまだ忙しい栗林書房ですが、 私の持ち分の仕事は先が見えてきて、少しほっとしております。 もちろん、教科書の販 …

ぶっくりん 栗林書房のマスコット

ぶっくりん 栗林書房のマスコット
栗林書房ブログ スタッフみんなで更新中

店舗ご案内

店舗ご案内

ご注文・定期購読

ご注文・定期購読

教育関係・企業様へ

教育関係・企業様へ

よくある質問

よくある質問

会社概要

会社概要

お問い合わせ

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。